4.2
(5)

あなたの子供に適したチャイルドシートは何ですか? どのようにインストールしますか? あなたもそれらが必要ですか、それともシートベルトで十分ですか? あなたの子供の安全は非常に重要です。 チャイルドシートは、お子様が一緒に乗るときに安全で安心できるようにします。 あなたの子供は絶えず成長しています。 これは、何年にもわたって、快適さとセキュリティのためにさまざまなタイプの車の安全シートに投資する必要があることを意味します。 このリソースでは、さまざまなタイプの自動車安全シート、それらの取り付け方法、およびシートの配置、快適さ、規制などに関するヒントについて詳しく説明しています。 飛び込みましょう。

お子様の年齢、身長、体重に応じて、さまざまなチャイルドシートに投資する必要があります。 チャイルドシートの最も一般的なタイプは何ですか? 遭遇する一般的な座席タイプのいくつかを次に示します。

  • 後ろ向きのみのチャイルドシート
  • 後ろ向きのコンバーチブルカーシート
  • 前向きのコンバーチブルシート
  • ブースターシート

後ろ向きのみのチャイルドシート

病院から帰宅する最初の車から始めて、幼児は後ろ向きのチャイルドシートのみに乗ることをお勧めします。 後ろ向きのシートは、お子様がシートの製造元によって設定された推奨重量と高さを超えるまで、少なくとも2年間使用する必要があります。 重量制限は通常22から35ポンドの間です。

後ろ向きシート

後ろ向きのみのシートを使用する主な理由は、事故の際に衝突力の一部を吸収するように設計されているためです。 乳児は衝撃力を処理できるレベルまで発達していないため、保護が必要です。 乳児は首や脊髄が繊細で、むち打ち症に特にかかりやすくなっています。 後ろ向きの座席のみが生き残る可能性が最も高くなります。

お子様が後ろ向きに座るのが嫌いな場合でも、安全を確保するために、後ろ向きの座席を少なくともXNUMX年間使用する必要があります。 後ろ向きの座席は統計的に良い結果を提供し、事故の場合にあなたの子供を非常に助けることができます。

多くの後ろ向きのみのシートには、シートを持ち運びしながら車内に置いておくことができるベースが付属しています。 これにより、シートベースが取り付けられているどの車でもシートを簡単に使用できます。 複数の車がある場合は、各車にシートベースを取り付けることをお勧めします。

後ろ向きのコンバーチブルシート

あなたの子供がそれらを使用するのに十分な年齢であるとき、コンバーチブル後向きシートは後ろ向きのみのシートよりも改善されています。 幼児はXNUMX歳前後で後ろ向きのコンバーチブルシートを使用することが多く、就学前まで使用し続けます。 後ろ向きのコンバーチブルシートは、後ろ向きの位置にのみ配置されている場合、XNUMX歳未満の子供が使用できます。 後向きと前向きのシート位置の間で変換できるため、後向きのコンバーチブルシートは非常に価値のある提案です。複数の非コンバーチブルモデルではなく、XNUMXつのコンバーチブルシートを購入するだけで済みます。

後ろ向きのコンバーチブルシートは、お子様にとって便利ですが、非コンバーチブルシートよりも大きくて重いです。 これにより、車の外に出るときに、親または担当者が座席を運ぶことがより困難になります。 ただし、それらは子供に高レベルの保護を提供します。 保護レベルは、車が事故に遭遇した場合にこれらのシートがより大きな力を受けることができることを保証するより強力なフレームから来ています。

多くの場合、取り付けはコンバーチブルでないシートの場合ほど簡単ではありませんが、助けを借りずに自分で行うことができます。 コンバーチブルシートは通常よりも大きいため、安全性を重視した機能を備えている傾向があります。 たとえば、5ポイントハーネスシステムを備えたシートは、肩、腰、脚がしっかりと固定されていることを確認します。

メーカーが異なれば、コンバーチブルシートの重量と高さの推奨事項も異なります。 ただし、重要なのはお子様の快適さと安全性です。 お子様が快適に過ごせる場合は、引き続き後ろ向きのコンバーチブルシートを使用してください。

後ろ向きのカーシートの取り付けのヒント

ほとんどのメーカーは、後向きのチャイルドシートを取り付けるためのXNUMXつの主な方法を提供しています。シートベルトまたはLATCH(子供用の下部アンカーとテザー)システムです。 LATCHシステムは便利です。 LATCHシートを取り付ける方法は次のとおりです。

  • チャイルドシートを後部座席の後ろ向きの位置に置きます
  • LATCHテザーが車のアンカーポイントと整列していることを確認してください
  • テザーをクリックして所定の位置に配置します。

LATCHシステムはクリックするだけでカーシートのLATCHテザーに取り付けられるため、取り付けは簡​​単です。 シートベルトベースの取り付けは、多くの場合、より複雑です。 ただし、どちらのオプションも同様に安全です。 特定のモデルでは、保護者は両方のシステムを同時に使用して、より多くの保護を提供できます。

LATCHとは何ですか?

LATCHは、チャイルドシートを取り付ける際にシートベルトを着用する必要がないアタッチメントシステムです。 2002年以降に製造された多くの車には、LATCHシステムを取り付けるためのXNUMXセットのアンカーがあります。 これらは、LATCHテザーを接続できる後部座席クッションの小さなバーです。 アンカー付きの車には通常、LATCHテザーを固定するために使用できるアタッチメントが付属しています。

しかし、LATCHテザーとは何ですか? チャイルドシートを車の後部座席のアンカーにしっかりと取り付け、座席を所定の位置に保持するストラップです。 テザーはしっかりと取り付けられるため、衝突時にさらに高いレベルの保護を提供します。テザーは、お子様の頭の動きが速すぎないようにし、むち打ち症のリスクを軽減します。

LATCHアタッチメントシステムは、シートの上部に長いストラップテザーがあり、下部のLATCHアタッチメントはシートのベースまたはその近くにあります。

LATCHまたはシートベルトベースのインストールを使用するかどうかをどのように決定しますか? これは、車がLATCHと互換性があるかどうかによって異なります。 経験則として、2002年以降に製造されたほとんどの車には、LATCHテザーが取り付けられています。 あなたの車が2002年以降に製造された場合、LATCHを使用できる可能性があります。

考慮すべきもう22つの要素は、お子様と座席の重さです。 LATCHシステムは、体重が50〜XNUMXポンドの幼児に最適です。 年配の幼児がいる場合、またはより重いコンバーチブルシートを使用している場合は、LATCHシステムが単独で機能しない可能性があります。 シートベルトの補強は必須です。

後向きシートを取り付ける際のその他の要因

後ろ向きのコンバーチブルシートを取り付けるときは、メーカーが提供する取り付けマニュアルに従うことが重要です。 また、子供の後ろの座席にそれ以上のパディングを追加しないように注意してください。

取り付け後、チャイルドシートがLATCHテザーまたはシートベルト上でXNUMXインチ以上動くかどうかを確認する必要があります。 もしそうなら、シートは十分にしっかりと取り付けられていません。 あなたはそれを再装着する必要があります。

子供が座席に座っているときは、衝突時に首や脊髄に大きな力がかからないように、必ず子供の肩にベルトを締めて足を組んでください。

ハーネス付き前向きコンバーチブルシート

あなたの子供が後ろ向きのモードを超えたら、すべての後ろ向きのコンバーチブルシートを前向きのコンバーチブルシートに変えることができます。 前向きのコンバーチブルシートは、就学前またはそれ以上の年齢の子供がよく使用します。 前向きの座席を使用するには、子供は最低30歳で、体重がXNUMXポンド以上である必要があります。

前向きのカーシート

前向きのコンバーチブルシートは、お子様が80歳で約XNUMXポンドになるまで使用できます。正確な使用期間は、メーカーの重量と高さの仕様によって異なります。

多くの前向きシートにはハーネスが付いています。 これらはあなたの子供が前向きの位置にあるときの安全の追加の層を提供します。 ハーネスが前向きのシートの一部である場合は、必ずハーネスを使用してください。

現在、多くの車には前向きのシートが組み込まれています。 これらには、外部の前向きの座席と同じ規則が適用されます。子供が後ろ向きの座席を完全に超えるまで、これらを使用しないでください。 ビルトインの前向きシートには、168ポンドまでの子供が着用できるトラベルベストが付属している場合があります。 これは、お子様が前に座っているときにさらに別の保護層を提供し、何年にもわたって重宝します。

彼らが前向きの座席の準備ができるまでに、あなたの子供は安全席に座らなければならないことに感謝しないかもしれません。 お子さんと安全な会話をし、チャイルドシートに座っても構わないと思っていることを確認することが重要です。お子さんは成長しており、自動車事故の場合、大人よりもはるかに怪我をしやすくなっています。

前向きのコンバーチブルシートの取り付けのヒント

コンバーチブルシートを初めて購入した場合は、次のことを行う必要があります。

車とチャイルドシートのマニュアルをチェックして、両方に互換性があることを確認してください。 あなたもあなたの子供が互換性があることを確認する必要があります! シートマニュアルに記載されている重量と高さの仕様を確認して、お子様がシートに快適にフィットできることを確認してください。

あなたがすでにコンバーチブルシートを持っていて、それを前向きのシートに変換しようとしているなら、あなたがする必要があることはここにあります:

  • まず、シートを裏返します。
  • シートをLATCHテザーに再度取り付けます。
  • シートがしっかりと取り付けられていることを確認するために、上下のすべてのテザーを必ず取り付けてください。 下のテザーだけでは、子供の体重を支えることができない場合があります。
  • トップテザーがないモデルでは、必ずシートベルトも使用してください。 これにより、旅行中のシートの動きが減り、お子様の体にかかるストレスが軽減されます。
  • ショルダーストラップは、お子様が座席に座っているときに胴体を覆うように装着する必要があります。
  • ハーネスは体の前面を覆い、タイトでありながら快適なフィット感を実現するために脚を交差させる必要があります。
  • リテーナクリップを使用して、気密性を調整できます。
  • シートの角度tも、お子様がシートに座ったときに直立するように調整する必要があります。
  • 必須ではありませんが、シートベルトをチャイルドシートハーネスと組み合わせて使用​​することをお勧めします。

ブースターシート

ブースターシートは、チャイルドシート階層の最後のステップです。 これらは、後向きおよび前向きのチャイルドシートの寸法を超えたが、シートベルトを単独で使用する準備が整っていない子供向けです。 お子様の肩がシートのハーネススロットの上にあるとき、または耳がシートの上部に達したときに、ブースターシートの時間であることがわかります。

ブースターシート

バックレスシートからハイバックシート、コンビネーションシートまで、保護者が選択できるブースターシートにはいくつかの種類があります。 あなたの子供に可能な限り最高の保護を与えるものを選ぶことが重要です。

通常、子供は4歳でブースターシートを使い始め、4〜9歳または身長XNUMX'XNUMX 'になるまでブースターシートを必要とし続けます。 子供は、これらの重要なしきい値を超えた後にのみ、シートベルトを着用して座ることを許可する必要があります。

一部のモデルには限定されたテザーオプションが付属していますが、ほとんどのブースターシートは車に直接取り付けられていません。 代わりに、シートベルトで固定されています。 これは、ブースターシートと一緒にシートベルトを使用することが不可欠であることを意味します。 ブースターシートには、ハーネスの代わりに、通常、お子様の体を強い力から保護するためのショルダーベルトとラップベルトが付属しています。

安全なハーネスが付属していない場合、ブースターシートを使用する意味は何ですか? お子様が4フィート9インチより短い場合、シートベルトは最適な保護を提供しません。 ブースターシートは、お子様がシートベルトで保護できるレベルまで上昇することを保証します。

ブースターシートの取り付けのヒント

ブースターシートを取り付けるときに行う必要があることは次のとおりです。

  • ブースターシートを取り付ける前に、それがあなたの車と互換性があることを確認してください。
  • この後、ブースターを車の後部座席に配置します。
  • お子様がブースターシートに着いたら、シートベルトとラップベルトがしっかりと固定されていることを確認してください。
  • 胴体ベルトが胸をしっかりと覆っている間、ラップベルトが子供の足にぴったり合っていることを確認してください。
  • ほとんどのブースターシートは車に直接固定されていないため、シートベルトを適切に締めることが重要です。

すでにチャイルドシートを取り付けていますか? シートの配置から快適さ、安全規制まで、さまざまな分野でのヒントをご紹介します。 これらのヒントにより、チャイルドシートを最大限に活用し、セキュリティ、快適性、利便性を最大限に高めることができます。

座席配置

良質のチャイルドシートを入手することが最優先事項です。 ただし、シートが車内に正しく配置されていることを確認することも同様に重要です。 最近の調査によると、子供がどちらかの側よりも真ん中に座っていると、怪我をする可能性が45%低くなります。 データはまた、中心位置が最も安全であるが最も好ましくない位置であることを指摘しました。 しかし、車の後部は常にチャイルドシートに最適な場所ですか? 毎年、「忘れられた赤ちゃん症候群」のために50人以上の乳児が亡くなっています。 これは、両親が車を忘れる場所であり、しばしば悲劇的な結果をもたらします。 国道交通安全局の「ロックする前に見てください」キャンペーンは、両親に用心深いことを思い出させます。

「忘れられた赤ちゃん症候群」への恐れは、席を前に置く説得力のある理由のように思えるかもしれませんが、そうしないことが不可欠です。 前席にはエアバッグが装備されています。 トリガーされると、彼らは前部座席の乗客に多大な力を及ぼし、事故の致命的な影響を避けるために彼らを押し戻します。 ほとんどの成人は、トリガーされたエアバッグからの肋骨の骨折や打撲傷を管理できます。 しかし、同じ力は幼児にとって致命的です。 幼い子供を前の席に置かないでください。 後ろにチャイルドシートを置きます。 ドアをロックする前に、子供が外にいることを再確認してください。

快適さ

チャイルドシートの優先事項はお子様の安全を確保することですが、シートの快適さも重要な要素です。 あなたの子供は不快な座席に乗ることを好まないでしょう-絶え間ない苦情はあなたが快適さを優先して安全を無視する原因となり、潜在的に危険な結果をもたらす可能性があります。 快適さに関しては、最初にチェックするのは、チャイルドシートが子供に適したサイズであるかどうかです。 メーカーは、さまざまな重量と高さの仕様のチャイルドシートを製造しています。 お子様が座席の確立された仕様の範囲内にしっかりと収まっていることを確認してください。 シートに対して大きすぎたり小さすぎたりすると、快適性と安全性の両方が損なわれる可能性があります。 注意すべきいくつかの重要な快適要因は次のとおりです。

  • 快適なクッション性を提供するために、チャイルドシートが柔らかく、パッドが入っていることを確認してください。
  • 存在する場合、サイドウィングは衝撃保護装置およびマルチポイントの柔軟な安全ハーネスとして機能し、特定の領域で過度に締めることなく、突然の動きから子供を保護することができます。
  • 後ろ向きの座席の場合、お子様がより長く快適に乗れるようにするには、十分な足元スペースが必要です。
  • 子供は、気道が開いたままになるように、セミリクライニングで乗る必要があります。 お子様の頭が快適な呼吸に最適な角度になるように、メーカーの指示に従ってチャイルドシートをリクライニングしてください。
  • 一部のチャイルドシートには、お子様の頭が前に倒れないように調整可能なヘッドレストなどの機能があり、不快感を引き起こし、むち打ち症のリスクを高めます。
  • あなたの子供が成長するにつれて、あなたはそれに応じてリクライニング角度を調整する必要があります。 角度調整器は、これを支援することができるいくつかのチャイルドシートの便利な機能です。

安全規制

チャイルドカーの安全性は、すべての州で法的要件です。 ほとんどの州には、さまざまなタイプのチャイルドシートを使用するための年齢、体重、身長の要件を指定する法律があります。 これは、チャイルドシートが安全性を高めるための単なる選択肢ではないことを意味します。ほとんどの法域では、チャイルドシートは法令遵守の要件です。

安全シートの基準を指定することとは別に、多くの州には、アクティブなエアバッグの隣のフロントシートに後ろ向きのチャイルドシートを配置することを禁止する法律があります。 これは、後ろ向きの座席が子供の頭をエアバッグの近くに置くためです。これは、エアバッグが展開すると、深刻な頭部外傷または死亡の原因となる可能性があります。 一部の車種には、チャイルドシートが使用されている場合に助手席エアバッグを有効または無効にするスイッチがあります。 これがあなたの州で受け入れられることを確実にするためにあなたは地方の法律を見る必要があるでしょう。 子供が前部座席に後ろ向きに座っているとき、彼らの頭はエアバッグのすぐ近くにあります。 エアバッグが展開すると、怪我や死亡事故を引き起こす可能性があります。

チャイルドシートの規制は、ABS、必須のエアバッグ、チャイルドロックの要件に関する他の乗客の安全基準と並んでよく見られます。これらはすべて、お子様の車内の安全に具体的な影響を及ぼします。

ほとんどの法域では、衝突試験も義務付けられています。 これは、車のチャイルドシートモデルが、コンプライアンスを確認するために、正面、側面、背面、およびロールオーバーテストで厳格なテストを受けている可能性が高いことを意味します。 ただし、現地の法律を調べて、チャイルドシートモデルがどの程度準拠しているかを評価することは常に良い考えです。

付加価値

他の業界と同様に、チャイルドシート業界は絶え間ない革新を通じて進化しています。 今日の市場では、平均的な規制に準拠したチャイルドシートを用意するだけでは不十分です。 その結果、メーカーは安全性、快適性、利便性を高めるためにさまざまなチャイルドシートの革新を考え出しました。

最適な安全性と快適性のために、多くのシートメーカーは、より快適で安全なフィット感を実現するために、ハーネスに最大5つの接点を装備しています。 これらのハーネスは、頭、肩、胸、腰、股間を固定します。 シートのレデューサークッションは、幼児の頭と体のサポートを確実にします。

チャイルドシートのフレームはサポートを確保するために不可欠であるため、多くのメーカーが強化されたチャイルドシートフレームを提供しています。 スチールで補強されたフレームは、長年の使用に耐える強度と耐久性を提供します。

利便性を最大化するために、一部のメーカーは、Fuss-Freeハーネスストレージを備えたハーネスコンパートメントを提供しています。 これにより、バックルが邪魔にならないようになり、お子様を座席に出し入れしやすくなります。 メーカーはまた、お子様の飲み物、スナック、おもちゃを安全に保つために、デュアルカップホルダーを統合しています。

追加の安全上のヒント

あなたがあなたの子供の車の安全のためにできることはもっとたくさんあります。 追加の自動車安全のヒントを見てみましょう:

  • かさばるセーターや毛布は、ハーネスストラップが子供を固定するのを妨げることがよくあります。 必ず最初にハーネスを締めて その後 子供たちを暖かく保つために毛布で覆います。
  • ハーネスストラップを締めることが重要です。 ストラップが十分に締まっていることをどのようにして知ることができますか? 適切に締められたストラップを子供の肩からはさむことができないようにする必要があります。
  • 別のストラップの安全上のヒント:安全ストラップを適切な高さに固定してください。 これはあなたの子供が安定した位置にあり、でこぼこの乗り物の場合に安全にとどまるのを確実にします。
  • 常に使用することを忘れないでください どちらも ラップベルトだけでなく、ブースターシート付きのラップベルトとショルダーベルト。 ラップベルトはお子様の腰を横切る必要がありますが、ショルダーベルトはお子様の肩と胸に落ち着きます。

チャイルドシートには有効期限が明記されています。 カーシートは通常、製造日からXNUMX年後に期限切れになります。 すべてのチャイルドシートには、シリアル番号、製造日、有効期限が記載されたステッカーが貼られています。 チャイルドシートが最近製造され、有効期限が切れていないことを確認してください。

安いかもしれませんが、中古の座席を購入することはお勧めしません。 使用済みのシートは、有効期限が過ぎているか、摩耗している可能性があります。または、安全上のリスクのためにリコールされたモデルである可能性があります。 NHTSA(National Highway Traffic Safety Administration)によると、中程度または重度の衝突の後にチャイルドシートを交換する必要があります。 これは彼らがあなたの子供に適切な保護を提供し続けることを保証します。 中古のチャイルドシートの実際の履歴を特定することは不可能であるため、使用済みのチャイルドシートは大きな安全上の問題を引き起こします。 常に新しいチャイルドシートを購入してください。

必ずチャイルドシートのマニュアルを読み、すべての指示に従ってください。 取り付けられているチャイルドシートの95%以上は、子供に適したタイプではないか、車に緩くまたは正しく取り付けられていないか、車内の互換性のないベルトに引っ掛けられているか、エアバッグの前に正しく配置されていません。 研究によると、ほとんどの死亡はチャイルドシートの欠陥または不適切な配置が原因で発生します。

よくある質問

一部のチャイルドシートは他のチャイルドシートより安全ですか?

チャイルドシートは、さまざまな価格帯でご利用いただけます。 これにより、より高価なオプションで保護が提供されると思われるかもしれません。 ただし、これは正確には当てはまりません。 これは、市場に出回っているすべてのチャイルドシートが連邦自動車安全基準に準拠し、厳しい衝突試験に合格する必要があるためです。 より高価なモデルはより快適であるか、追加の機能を提供するかもしれませんが、市場に出回っているチャイルドシートは安全性の基準を満たしています。

中古のチャイルドシートを購入しても安全ですか?

中古のチャイルドシートは購入しないことを強くお勧めします。 あなたが知っている誰かからそれを購入していない限り、あなたは使用済みの座席が何を通過したかについて100パーセント確信することは決してできません。 中程度から重度のクラッシュが発生している場合は、お子様に十分な保護が提供されない可能性があります。

後ろ向きの座席はどのくらい使用する必要がありますか?

お子様がXNUMX歳以上になるまで、後ろ向きのチャイルドシートに乗ることを確認してください。 多くの法域では、これは法的要件です。 あなたの子供が彼または彼女の年齢のために小さいならば、彼らが彼らの後ろ向きの座席を超えるまで、彼らを後ろ向きに乗せ続けることは良い考えです。

年長の子供にはどのくらいの期間ブースターシートを使用する必要がありますか?

ブースターシートは6〜12歳の子供に使用できます。 これは幅広い年齢層です。 これは、すべての子供が異なる速度で成長するためです。 あなたの子供が彼らの年齢のために小さいならば、彼らはより長くブースターシートにとどまる必要があるかもしれません。 彼らが完全にそれを超えてしまうまで、あなたの子供がブースターシートにとどまっていることを確認してください。

チャイルドシートを継続して使用するのはどのくらい安全ですか?

乳幼児に関する研究では、チャイルドシートに座ると心拍数と呼吸数が高くなり、ストレスレベルが高くなることが示唆されています。 お子様が自由に座れるように、XNUMX時間の運転セッションの後に休憩を取ることをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?

評価するには星をクリックしてください。

平均格付け 4.2 / 5 投票数: 5

これまでに投票はありません! この投稿を最初に評価してください。