July 20, 2022

日産が北極から南極への遠征のためにアリアを建設

0
(0)

プラグインアドベンチャーズの日産とクリスラムジーは来年のためにかなり素晴らしい旅行を計画しています。 ラムジーは2023年の日産アリアを北極から南極まで運転します。 EVだけでなく、あらゆる種類の車がポールからポールへと運転されるのは初めてです。 そして日産はラムジーのアリアをかなりひどいものにする計画を持っています。

詳細は薄いですが、日産は電気クロスオーバーSUVがホイール、タイヤ、サスペンションのアップグレードを取得すると述べています。 また、これらの変更に対応するためにボディを変更します。 レンダリングに基づいて、ルーフラックとオフロードライトとともに、大きなフェンダーフレアがエクステリアへの主な変更になります。 また、ベース車はe-4ORCE四輪駆動のアリア。 これは、デュアルモーター、389馬力、推定航続距離265マイルのバージョンです。 改造されていないアリアもサポート車両としてルート上にあります。

もちろん、その範囲は、ラムジーとアリヤが直面する地形と気温を考慮すると、かなり異なる可能性があります。 ルートは北極から南北アメリカを通り南極に下ります。 充電は難しいでしょうが、ラムジーと彼のチームはそれに立ち向かうべきです。 彼と彼の妻は、モンゴルラリーを第8,000世代の日産リーフで完了しました。これは、同様に遠隔地にあるXNUMXマイルのトレッキングでした。 創造的な充電ソリューションには、電気技師の助けを借りて、車をシベリアの電柱に直接配線することが含まれていました。

旅行は2023年56月に予定されています。したがって、16,800年以内に完成した有谷を見る必要があります。 遠征がどのように進行し、どのくらいの時間がかかるかを知りたいと思います。 ラムジーズはXNUMX日でモンゴルラリーを終えました。 Ariyaの航続距離は長く、旅行の一部には良好な道路と充電インフラが備わっている可能性がありますが、極間移動ははるかに長く、XNUMXマイル弱です。

関連ビデオ:

この記事は役に立ちましたか?

評価するには星をクリックしてください。

平均格付け 0 / 5 投票数: 0

これまでに投票はありません! この投稿を最初に評価してください。

関連記事

編集チーム


{"email": "メールアドレスが無効です"、 "url": "ウェブサイトのアドレスが無効です"、 "必須": "必須フィールドがありません"}